2004年4月30日(金)
集団活動において困った事にならないように気を付けるのは、
困った事が発生することによって一番困る人の役割だそうです。
まぁそりゃそうですね。

髪を切りに行きました。
僕としてはかなり短めにバッサリいったのですが、
頭のてっぺんがあんまり短くなくて頭部が縦長に。アヒャ。

2004年4月29日(木)
合唱恩師夫婦に連れられてドライブに。
美しい自然と過疎に苦しむ集落を堪能する。
でも僕はやっぱり田舎に住みたいです。誰か家と農地ください。

夜はお孫さん×5と遊びました。子供おもしろ! かわええ!

と、鹿と大仏の国の某氏から突如こちらに来たとの電話が。
結構待たせた後合流。2時間くらい待たせたかしら。正直、すまんかった。
そして我が城(下宿です)に宿泊することを許可し、
世の中の神秘(なんじゃそりゃ)について語り明かす。
世界の摩訶不思議を話していると少年のような気持ちが
蘇ってくる(まぁ心は常に16歳ですが)わけですが、
こういう話が出来る相手がいること自体神秘だと思ったりするわけです。

難しい事も多いけど、ギリギリの線で面白い事が存在してます。
おもしろ。

2004年4月28日(水)
会社のバイトがテンパっていて、片が付いたのが午後3時。
そこから朝御飯を自分で作る気力も無かったので
今更ながら吉野家の豚丼デビュー。
ときにこれの読みですが、登Гと思ってたのですけどぶた丼なんですね。
味は美味しかったです。ただ吉野家の先入観が強すぎて牛丼との違いがあんまり分からなかったり。
あと牛丼より豚丼の方が値段が高いのは如何な物かと。

昼御飯は豚丼で兼ねたとして、晩御飯は自炊しました。
食材を購入しに近所のデパートへ。
本当は『地産地消ギルド』で買えればいいですけどねぇ。
遠いんですよ(その程度のやる気)。
さて、吉野家とはいえ今日は外食したので晩御飯は安くあげようとしていたところ、
こんな食材を見つけました。
それは鶏ガラ(スープ用)1匹70円、半額シール付き。
スープ用とありますけどお肉もこびり付いているし、何より安い、ついでに面白い。購入。
持ち帰って早速料理。骨を砕いて細かくして鍋に突っ込み、野菜も少々。
和風に煮込んでみました。
で、お味は、というと……。
ふむ、スープ用というだけあってスープは美味しい。
だが肉がクサい!
何だかどーしよーもなくクサいです。生姜入れてなかったらもっとクサかったかと思うとガタガタ震えます。
肉も食べられる分少なかったですし、やっぱアレです、鶏ガラなんてラーメン屋さん以外買っちゃ駄目。


今日の日記は御飯関係だけですな。

2004年4月27日(火)
大学の健康診断におもむく。
当たり前に去年も受けたのですが、留年してもう一回! てのは
普通にオッケーなのは確認済みです。
しかしそうして確認はしていても、
受付のオネェサンの次のような対応に大慌て。

women「学生番号をお願いします」
mate「ほにゃららら番です」
women「(カードを探して)あれ、無いですねぇ。最近来られました?」
mate「一年前に来ましたが」
women「いえ、そうではなくて……(と見つけて)あ、ありました。どうぞ〜」

意味無く自虐ネタやらされたYO!

2004年4月26日(月)
朝からおおわらわ。
会社に提出する書類等をかき集めました。

我が大学では卒業見込み証明書なるものを、学生が勝手にパソコン操作して
ガーッとプリントアウトさせることで入手できます。
うわー適当だなーありがたみ無いー、とか去年思ってたのですが、
去年の卒業見込み証明書は本当の意味でありがたみの無いものになってしまいました。
苦笑いしながら作業作業。

4つくらいの仕事を午前中に済ませることができました。
内容自体は大したものではないのですが、完遂した、って感覚が素敵。
何故か僕が関わる事は大掛かりなものが多いので。

夜は会社で、この時点で決定している内定者の顔合わせの会が開かれまして。
2人の同期と会って来ました。
ここで『新しい』同期とかいってはいけないわけで。新も旧も
去年のことは無かったことになり、僕は単に今年の内定者なわけです、社会的に。
去年の(幻の)同期は先輩になるわけでして。
そこら辺のシビアな線引きというかケジメは学生社会とかには無くて
社会の厳しさを感じさせますし、同時に面白いなぁと感心してしまいます。
こんなこと言うとまた現実から逃げてるとか言われそうですが、
そう思ったのは事実ですし悪いとも思わなかったり。
ただそれを誰にでも彼にでも言うのが悪いわけで。
そう学習していく事で人はオトナになっていくわけです。にんにん。

それはそうと面白いのがその同期でして。
大学4年生の男のコなのですが、
僕が所属している大学の男声合唱団のライバル(というか仲悪いとされている)
混声合唱団のメンバーだったりしました。
例えるなら犬と猿が一緒に旅をするっつうか。まぁ地元にそういう昔話がありますが、鬼退治とか。
そんな感じで初顔合わせのときに既に顔見知りだったりしつつ、
わざわざ留年してまでこんなネタ作らなくてもよかろうに! と思いました。
これからがより楽しみです。ちなみに仲良しさんですよ。

2004年4月25日(日)
とある計画に向け、サミット(そんなに大げさなものではない)に参加。
その後食事会とか。
細かい話を詰めるのかと思いきや、のどかな昼下がりパート Two 。
う〜ん、修論研究とか会社の仕事とか色々あるんだがなぁ、とか思いつつも
これは事前にしっかり確認しなかった自分が悪い。
でも楽しむところは楽しむが信条、めさまったりしました。

が、切り上げるタイミングを間違って、後にしようと思っていた用事ができず。
駄目なワタクシ。くぅ、もっとしっかりせねば。

2004年4月24日(土)
 『性善主義』とはいえどんなに酷いことされても平気なわけは無く。 また、折りしも昨日は夕方会社に言ったわけですが、そこでも「現実を受け入れる覚悟が欠けている」 と言われたり。
 ええ、分かっているんですよ。『性善主義』が危いってことは。危いというか、嘘臭いというか、 自分以外の存在と接触する状況では限りなく役立たず。むしろ障害。
 そもそも主義とかいって指針を一本に決めてしまったら柔軟性が無くなってしまう。 大事なのは平均的で常識的な思考・判断力を身につけた上で自分の考え方の方向性を決める事で、 何のことはなく悪いのは主義どうこうではなく、結局のところ僕自身以外の何ものでもないのである。
と、そんなことを考えつつ昼間にふと空き時間が出来たので、
底抜けの晴天の下、野良な猫サマと戯れました。
猫サマはじっと見つめると警戒してしまうので、
熱い視線の投げ掛け合いは諦めてあえてそっぽを向くが吉。
すると何時でも逃げ出せる警戒態勢だったのが、
2分程するとちょこんと姿勢を正して座り、
更に3分程立つと「ふ〜やれやれ」とでも言わんばかりにゴロンと転がります。
ぷりち〜!!

他の猫サマも来られ、2匹+1匹(僕ですな)の織り成す、のどかな昼下がりでした。

2004年4月23日(金)
修士論文を書くための資料を探してネット検索。
インターネット世界、やたら情報量がありますが使えるものといったら極僅か。
数学の世界では情報源が多いと情報価値は減るんですよ?
例えばコイントスでは表裏どちらが出るか当たるかは50%の確立ですが、
6面体サイコロの場合は約16%と、何が出るかの確かさの情報が減っています。
勿論情報の種類というか量は増えるのですが、
にしたって無駄が多いと大変です。
現代の情報の氾濫、ここら辺は現代の資本主義によるところが多いのでしょうが。
 ……資本主義とは乱暴に言えば『儲け主義』であり、資本=お金、ということを考えれば とても分かりやすいと思います。 しかし主義としての『資本主義』が悪い、というより、 現代の人間の『高いけど高品質』よりも『低品質だけど安い』を好む 世の流れが根本の原因である気がします。 前者がとられていれば、今のように『ヒットするものは低俗』ということには ならなかったことでしょう。しかし、新しい物を開発して高く売るより、 既にあるのものを安く作れるようになる方が圧倒的に簡単なので なるべくしてなっているといったトコロでしょうか。

 資本主義は今危険であると言われています。 資本主義に則って経済を巧くまわしているアメリカ・イギリスでも 近い将来倒れるのではないか、と懸念されています。 そもそも国単位の経済では、不況時に借金をしてでも公共事業を多く発注し景気を回復させ、 好景気のときに税率を上げて借金を返すという方法をとります。 ですが国際化が進む今日、税・賃金の安い海外へ企業が逃げていきます。 そこで米・英は税・賃金を下げて延命しています。 しかしこのシステムでは、ただでさえ多い世界人口で失業者が増えているのに、 就職するためには「他の人より安い賃金で働きます」と言わねばならず、 しかも資本主義は儲け主義なので労働者を救う事はしません。 これでは社会を支える労働者層が何時か潰れるのは明らかですね。 そもそも低い方へ進むと限界がすぐ訪れるのは当たり前です。 突き詰めるとねずみ講と同じ問題点を持っているのが分かります。 ちなみに、日本は資本主義以前に経済のまわしかたが下手なようです。

 資本主義以外にどんなものがあるというと、真っ先にあがるのが社会主義。 社会主義は『みんなで相談、みんなで責任を持って』の考えですが、 多の中に入ると怠けるのは人間の性質のひとつです。 他には実力主義・個人主義、これらは実は100年以上も昔にマルクスが理想として掲げた 共産主義と等しいのです。『個の能力に応じて働き、相応に報酬を得る』といったものですが、 個の能力を評価するのが多なので理想に終わってしまうといわれています。

 今後、どんな主義が先頭に立つのでしょうか。 それともどんな主義が立とうとも、実は『質量保存の法則』が人間にも適用されていて どうしようもないのでしょうか。
と、長いワリにまとまりも無く終わってスマンす。
まぁ実際人間が多くなりすぎているので何事も質の平均の低下は仕方ないですね(エラそう)。
僕が思うに、今は他との差別化が求められてそうです。
何か優れたものを持つ者が求められているのは最早社会でも常識で、
漫画の世界でも大きくそれが表されていますね。
特殊能力モノが多いこと多いこと。
時に、十数年前では何でも出来る者が流行でした。
ドラクエ靴△燭蠅陵者とかを思い出せば良く分かりますな。


ちなみに僕は『性善主義』とでもいいましょうか。
例えば今日みたいに晴天で、新緑が鮮やかな日はそれだけで気分が高揚しますし、
雨が降れば雅に感じ、ふと雨に打たれたくなったりもします。
何時も言っている、あらゆるモノから良さを見出して受け止めるという
超常フィルターなのですが、
これって言葉にすると酷く陳腐でありふれて見えますし、
しかも真の意味で実践するのは至難であったりします。
僕自身主張しながらホントにできてるのかよ、とか。

でも、全世界が不幸の真っ只中にあっても
僕は幸福感を感じることができるだろうという自信だけはあったりします。
 『性善主義』は外ではなく自分の内に掲げる主義なので、万人に等しく広めることは不可能。 よって世界でどんな主義が立つかの候補には上がらないですし、 この考えを持つ僕には世界が持つ主義の予想なんて、主観が雑じってしまってようしませんわ。

 ときにこの主義、世界はそれだけで素晴らしいものだ、と言っておきながら 根本的に世界に対して物凄く諦めてますね。書いてて気が付きました。 それが分かっただけでもこのやたら長い文章書いた甲斐があるというもの。

 読んでくれた方、サンクスです。

2004年4月22日(木)
夏日よりですな。暑い暑い。
とある所では最高気温が30℃を越えたようです。うへぇ。

温暖化といっても、地球レベルではどうってことないレベルなのでしょうね。
微熱というか、ちょっぴり風邪ひいた、くらいとか。
風邪にしたって、人の内部でウイルスが活発化するわけで、
全体的にみれば病気でも何でもないわけで。
実際気温が70℃くらいまで上がっても異常でも何でも無く、
それが新しい普通になるだけなのでしょうねぇ。

まぁそうなったら人はほぼ全滅でしょうが。

2004年4月21日(水)
昨日の晩御飯と今日の朝御飯が、
食べたには食べたんだけど一寸ねぇ、
って感じだったので昼前にはとてもハングリーに。

つい前日新聞で見たのですが、
晴れの国になんと『ギルド』ができてるようです。
ギルドですよ! ギルド!
もうファンタジー小説等に接していた自分としては
盗賊ギルドとか魔術師ギルドとか、そんな夢のある(?)もの
ばっかりが脳裏に浮かびます。
晴れの国に誕生したギルド、その名も!

 『地産地消ギルド』

うおおぉぉぉ……ぉお?
とりあえず期待していたようなギルドではないようです(当たり前)。

ときにこの地産地消、全国的に微妙に名前が売れてて、僕も好きだったりします。
歌もあって、こんな感じ歌詞
その気になって探せば曲自体もダウンロードできますよ。ギルドの公式ホームページ(笑)にあるので。

今日の昼御飯の材料はここで買いました。うまうま。

2004年4月20日(火)
午前中は緒用で地元の役所に行ったり。

昼は今日も今日とて会社でバイト。
冬蛙が知り合いから貰ってきたスイートピーの花を持っていく。
えらい喜ばれ、なんと社長が出てこられてお礼を言われました。
ひえー。

今日も22時近くまで掛かりましたが
何とか単体テストを終えられました。ほげー。

今日は花の件もあって社長に誉められたせいか、
一寸気分が吹っ切れた感じがします。
社長曰く、僕は明るく前向きな方がいいと。
僕もそう思います。ヘコんでもいられないなぁ。
がんがるぜ!

2004年4月19日(月)
会社でバイト。
単体テストって苦手なんですよね。
そもそも、もともと存在する大きなプログラムの
一部分を改良する仕事を受けるのですが、
大元のプログラムの細かい操作方法を完全には把握できてないわけで。
えらい時間かかります。
22時になって時間切れ。明日もガンバか。

2004年4月18日(日)
テスト。

今回は以前のアプリケーションエンジニア編のように
残念な結果にならないようにせねば。
とかいいつつ、午後兇任論限時間2時間中
1時間何も書けなくて本気で肝を冷やしたり。
なんとか最終的には全部の解答欄を埋めました。
後は結果を待つのみ。

2004年4月17日(土)
朝起きて楽譜と明日の情報処理技術者試験のテキストを読みつつ、
昼前に会場へ。
最終確認で歌って昼食取って着替えていざ本番!

この団の演奏会は一寸客動員数が少ないのですけど、
それでも演奏会は面白い。
曲目はハイドン『レクイエム』と、モーツァルトの『ハ長調ミサ』と、
知らない人からすればウゲェと敬遠されそうですが、
実際以前は僕もミサに対してウゲェとか思っていたのですが、
面白いんですよ。難しい音も多いですが、ハマると素敵です。
ミサと言ってもある種のファンタジーですよ、
全く信仰心の無い言い方ですが。
そしてやっぱオーケストラが良い。
当たり前ですが、打楽器的性質を持つピアノ伴奏より
弦楽器吹奏楽器の方がヒトの声に合います。

いやはや楽しかったです。
冬蛙や会社の(元)同僚も聴きに来てくれて嬉しかったです。


そして打ち上げは、明日試験があるから押さえると言いつつ
ビール中、カクテル3杯、日本酒2合ほど飲んだり。
いやぁ、カクテル飲むなんて久し振りですよ。

酒はともかく、演奏会は疲れるので帰ってテキスト開けても
すぐ寝ますた。

2004年4月16日(金)
ゼミで発表。
つつがなく発表を終え、次のステップへ進む事に。
他の院2年生は就職活動で忙しいので、ゼミの内容を作るために
就職先は決まっている僕がその間発表を頑張るわけですが、
よく考えて僕の方が忙しいのでは?
学科推薦の連中は先日願書だして返事待ちというし。つまり何もしてねぇ。

そして昼は会社のバイト。
明日演奏会本番があるから必死に片付ける。
昨日のうちに終わらせるつもりが終わらなかったので、
今日も終わらなかったらどうすんかいな、と不安になりつつ作業。
何度か会社とメールのやりとりをしつつプログラミング。
そろそろ出発しなければ、という時間になってギャワーと思いつつ
メールを出したら暫くしても返信がない。
「おし、終わった!」と決め付け出発(2日後に確認したところ実際大丈夫でした)。

そして明日の演奏会のリハーサル。
そして指揮の先生は東京からの客演で、
また僕の合唱恩師である先生ともお知り合いとのことで
本番前日にも拘わらず恩師宅で食事会。
色んな濃ゆい話を聞けつつ、明日へ Go!

2004年4月15日(木)
やっぱどんだけ他が辛くても歌っていればいい、というのは
そうでもない場合ってのもあるようでして。

試験勉強で寝不足の上、会社の仕事でパソコンを使いすぎたせいか
疲れ目&腰痛のステータスでは歌うのも辛かったです。

態勢を整えるって大事だね!

2004年4月14日(水)
やはり僕は歌が大好きなようです。
いくら忙しい日常を送っていても、
歌っているときはその世界に入れます。

本気で食べるだけのお金と合唱するだけのお金稼げればいいや、
とか思いますがそれでは望み低すぎなので、
頑張れるところは頑張ろうと思います。
やっぱ自分がどこまでできるか試したいってのはありますし。

2004年4月13日(火)
今日も今日とて勉強勉強。
立場上週末の情報処理技術者試験には受からないとヤヴァイので。

金曜日にゼミの発表があるんですけど、延期しようかなーと冬蛙に相談したら、
そりゃ何が何でも試験重視でしょ、と言われて踏ん切りが付く。
確かに、手段を選んでいる場合では無いですな。
まぁ学校関係は卒業さえできれば良い訳ですし。

会社のバイトも出来るところまで終わらせて、試験勉強。
言う程休み無く勉強できてるわけでも無いですが。

ちなみに今日はあずまんが大王読んでも平気でした。

2004年4月12日(月)
最近ふとテンションが激落ちするときがあるんですが
今日が正にその日で。
『あずまんが大王』みて凹む人間も珍しいでしょうなぁ。
あー自分はこの1年こんな風に無邪気には笑えれないのだろーなー、とか。
でも頑張らないと。

その後、桜玉吉の漫画みて気力が沸いたので
ただ僕の趣向がオカシイだけかも知れませんけど。

2004年4月11日(日)
この日はキリスト教の復活祭(イースター)ということで、
とある教会へ聖歌隊として参加しました。
賛美歌を6曲くらい歌ったのですがそれだけではなく、
聖書を読んだり牧師さんの話を聞いたりしました。
これが結構面白いんですよ〜。いや面白いなんて言ってたら信者さんに怒られるかもですが。
仏教でも同じ事思ってますが、
やはり歴史があるだけ、ためになることが書いてあるというか、面白いです。
歌があるだけ仏教より好みですかね。音楽は洗脳に効果大ですし。

ふと、キリスト教と仏教って並べて比べると全く違いますねぇ。
キリスト教は光に溢れている感じがするんですよ。
天の使い、とかいうくらい、明るいところから信仰はやってくるし、
実際教会とかでもステンドグラス使ったりして光を意識しているんですねぇ。
逆に仏教は、寺なんかやたら暗いですし、
後光って言葉はありますけどあれは仏さんの向こうに見えるわけで、
つまりそれを見る人には光は見えないわけで。仏さんの影になって。
これも仏教の『苦』の考えなのでしょうかね〜。
ファンタジー小説風にいうと正に光の信仰と闇の信仰みたいで、
西洋から見た東洋なんて下手すると邪教ですよ。
東洋は神秘の国なんて、よくそんな漢字当てたもんです。

一応、どちらかの宗教をヒイキ・非難するつもりは毛頭ありませんので。
両方面白いですよ?


その後食事会にお呼ばれして、
貼舛覆匹領鼠とご飯を2合ほど戴きました。量多すぎ。
牧師さんや教会の代表みたいな方たちと談話しながらでとても楽しい時間でした。
「ワシはこの教会の仏と呼ばれとるんよ」
とか言って牧師さんが「宗教違うやろ」とかツっ込んだり。おもろ。
ゆでたまご戴いて帰りました〜。

2004年4月10日(土)
最近寝起きがとみに悪いんですよ。
運動不足か?

夕方6人でケーキ屋さんに行ってお茶会。
楽しいもんですなぁ!
昔だったらコーヒーに300円出すのは有りえねぇ、とか言ってそうですが。

2004年4月9日(金)
夕方から恩師のホームコンサートが開かれるので
昼過ぎからお手伝いに。
オニギリ作ったりとかでそう大した仕事でもなかったのですが、
ソプラノ歌手がリハーサルをするのをのんびり聴くという
優雅な昼下がりを過ごしました。う〜んステキ。

19時開演、その後食事会があり、更に解散後も
運営委員で夜中2時くらいまでお話してたわけですが。
まぁ何と言いますか濃い話というか厳しい話というか。
どんな演奏会でも油断してはいけないということなのですが。
今回で12回を数え、著名な演奏家も招くこのコンサートは
耳の肥えた客が多いですし、
そうでなくても何が自分の評判を下げるか分からない。
言われてみれば当たり前の話なのですけど難しいですよね。
要は1回たりとも気が抜けないわけですから。
ずっと気を張り続けていられる人間が成功するのでしょーか。

しかしこの間留年とゆー大ポカやらかしてから
この手の教訓を沢山聞いている気がします。
こんなに聞けるんだったら留年する前に注意してくれよ、
とか言ったりしても多分以前から言われてて、
多分自分で体験したから身に染みて教訓として聞けるのかなー、とか。
その辺難しいですけどそうやって成功やら失敗やら重ねて
自分の『解る』話が増えていくっていうのは、
宇宙が膨張していくよーに自分の世界も拡がり続けて行くのかなー。
例え文明が行き詰まって世界が進展しなくなろーが、
同じような生活を繰り返そーが。

だから宇宙とか何とか話を飛躍さすなってな。

2004年4月8日(木)
朝は依頼演奏で『君が代』を歌う。
改めて書くと凄いタイトルですがこの曲、
聞くところによると海外では評価が高いようです。
西洋には無い音楽模様でかつクオリティが高く、
どっかの国が売ってくれと金を積んだとか積まないとか。
歌詞は置いておいて、ですが。

昼過ぎは大学。研究が早めに進みそうです。

で夕方に、来週ある演奏会に向けてオーケストラと音合わせ。
当たり前に凄い迫力で、いくら声出してもかき消される感じ。面白。
頑張りすぎて背筋が痛くなりました。鍛えましょ。

2004年4月7日(水)
今日も今日とてプログラミングなわけですが、
関係者の方々と打ち合わせした所
そんなに急がなくてもいいもよりで。

そうなると次は金曜にあるゼミに向けて猫まっしぐらですよ。
なんでこんなに忙しいのか?

2004年4月6日(火)
今日も今日とてプログラミング。
生産効率悪いから仕事としてはやってけないけど
やっぱ面白いわ。作業が進行するとね。

ただ毎日こんなんやってたら早死にしそうですな。

2004年4月5日(月)
もう一日中プログラミング。
数年振りにC++言語なんてやったら忘れてる忘れてる。
勘を取り戻すだけでおおわらわ。
全然進まなかったし。
明日もガンバか!

2004年4月4日(日)
地元の友人達と企画していた花見が悪天候により中止に。あぼーん。
晴れの国なのにイベント時に限って雨が良く降りやがります。

昼は某音楽大学(厳密には音楽大学と違いますけど)で合唱の練習。
東京から来られている指揮者の先生の指導のもと4時間くらい歌いました。
エライ難しいし厳しくも言われますけど、
だいぶ歌い慣れてきていい感じ。

夜はかみゃと冬蛙とで鍋など。
お土産のお酒戴きました。純米大吟醸。頑張りすぎ。うまうまでした。

相変わらず日曜なのに忙しいというか、イベント多いな〜。

2004年4月3日(土)
会社の幻の同僚(アイタタ)と飲みを。
ふたりで飲んだんですけど何だかマニアックな所で
話があったりして楽しい時間を過ごしたり。
来年は先輩後輩ですけどね。
お互いガンバロ〜、って感じで色々お互いの事を語り合いました。

2004年4月2日(金)
ゼミ関係の用事があったので久しぶりに学校へ。
ついでに研究室で勉強したんですが、
何であんなに眠くなるかね。下宿の方が効率が出そうな予感。
それでも結構勉強進みました〜。

夕方からは某音楽大学へ行って合唱の練習。
助っ人みたいなほぼ団員としてサークルに参加してるんですが
その本番が近いんですよ。
4月なので自分の大学の知り合いは誘いにくいんですけど。
しかし音がピシッと揃って、これ以外の音が有り得ない!
って瞬間が連続して、何とも気持ちいいです〜。
わたくし、歌っててたまに空を飛んでいるとでも申しましょうか、
そのような感覚に捕らわれることがあるのです。
これだけ書くとアブない人ですが。
物凄く難しい曲やってるんですけど楽しいです。

2004年4月1日(木)
今年度は日記を毎日書きます!

inserted by FC2 system